So-net無料ブログ作成
検索選択

【本日のヒント】すぐに取りかかる際の注意点#0047:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0047

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

すぐに取りかかるときの注意点。

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

すぐに取りかかる重要性を教えられたから実践してみた。

でも全然うまくいかない・・・そんな経験は無いでしょうか?

もしかしたら、すぐに取りかかるときの注意点に気を付けるだけで改善するかもしれません。

こんな話があります。

Aさん:「Bくん行動するの早くなったね。先輩たちもレスポンスアップしたと噂してたぜ!」

Bさん:「はい。Aさんに忠告されてからなるべく今できる作業は即取りかかり作業を蓄積しないように気を付けてます。」

Aさん:「そっか。それは何よりだ。ん?何か言いたそうだね?」

Bさん:「はい。実は・・・すぐに取りかかるのには慣れたのですが、何かしっくりこないのと、今一楽になった感じがしないんです。こう、常にもわっと肩が重い・・・みたいなことを感じたりもします。」

Aさん:「・・・!もしかしてだけど、Bさんすぐに取りかかった作業で困難な作業だった場合どうしてる?」

Bさん:「それは一旦横に置いて他のすぐに取りかかれる行動をするようにしてます。すぐに終わらせられる作業を如何に消化できるかが重要なんですよね?」

Aさん:「そっかー。1つ伝え忘れていたけど、すぐに取りかかった作業は困難でも最後までやりきることを前提にするといいよ。」

Bさん:「え?そうなんですか?簡単な作業をどんどん片付けていった方が効率良くないですか?」

Aさん:「一理あるんだけど・・・そもそも簡単な作業ってそんなにたくさんある?困難な作業を後回しにすると残った作業って難しい作業ばかりにならない?」

Bさん:「・・・げげげ。そうです。まさにそうです。自分が感じていたのが、選ぶ作業が徐々に難しくなっていったのと、難しい作業ばかりが残っているから結局重荷が減った感じがしなかったんです。」

Aさん:「だよね~。受験勉強も出来る問題ばかり解いていても実力上がらないだろ?それと同じかもな(笑)」

Bさん:「着手した作業を徹底的に実践する・・・大事なんですね。。。考え方改めます!!」

いかがでしょう?

取りかかりやすい作業とそうでない作業は確かに存在します。

もし、作業の大半が簡単な作業であればBくんのやり方で良いかもしれません。

ところが、大半は簡単な作業でない作業も結構あるのが現実です(汗)

ここで気付きたいポイントとしては
・すぐに取りかかった作業を途中で投げ出さない
・簡単な作業だけを実践し続けると結局重い作業が蓄積されてしまう
・重たい作業をやりきるから他の作業がより簡単になる

特に3つ目のポイントは重要です。

極端な例ではありますが、足し算ばかりを勉強をし続けて一向に掛け算を勉強しないと

中々掛け算の習得はできません。一方で掛け算をマスターすると足し算に対する抵抗感が減った経験はないでしょうか?

困難を乗り越えることで今までの作業が楽になる。楽な作業ばかりを続けていても困難に対する抵抗感は無くならない。

と言ったところでしょうか?

もしすぐに取りかかる習慣ができたのに、何故か肩の荷が重い状態の方は簡単な作業ばかりを対応している癖が無いか一度見直して見る価値はありそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。
 

今年の夏は水不足になるかもしれないと言われていますが、

本日の雨を見ると少し安心しますね。

普段は雨に対して嫌だな~と思う気持ちを持ちながらも、

水不足が懸念されている状況下だと同じ雨でも少し違う

視点で見ることができます。

自分の置かれている状況次第で物事を捉える感覚が変わるというのは面白いなと感じてしまいました。

これは自分の捉える感覚を変えたいときは置かれている状況を変えれば必然的に変わるということに

つながるでしょうか?試してみる価値はありそうです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
タグ:コツ ヒント
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】すぐに取りかかる副産物#0046:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0046

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

すぐに取りかかる副産物

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

すぐに取りかかる恩恵は感じ取れたでしょうか?

本日はすぐに取りかかることで受ける恩恵の副産物のお話です。

こんな話があります。

Aさん:「先生、すぐに取りかかる習慣を開始してからだいぶ経過しますが、とても気持ちがすっきりした状態で過ごせている気がします。」

Bさん:「うむ、それは良いことじゃ。しかし、もしかしてそこで思考を止めておらんかね?すぐに取りかかる習慣を開始してから他に改善したことは何か無いのかね?」

Aさん:「え?はい、すみません。すぐに取りかかることに始終しておりました。」

Bさん:「それは勿体ない。とは言え、実践はしているけど気付いていないだけじゃろ。すぐに取りかかることは重要かつ恩恵があるが、その副産物たるや中々のものじゃぞ。実感無いかね?」

Aさん:「・・・と言いますと?」

Bさん:「Aは作業の計画を立てておるかね?」

Aさん:「はい。中長期的な計画と、日々の作業整理で成すべきTODOをメモしております。」

Bさん:「どうじゃね?すぐに取りかかることを習慣化してから、計画の達成率に変化はなかったかのぅ?」

Aさん:「・・・!!!はい。ありました。立てた計画を修正なく達成できる割合が明らかに増えました!」

Bさん:「じゃろ?1つはスタンスの問題。すぐに取りかかるから達成率も上がる。」

Aさん:「はい。確かにそれは強く実感します。」

Bさん:「もう1つは計画実現性の向上。作業の蓄積が無いため、言い換えれば将来の負債が少ない。つまり、計画を埋める余白が多いのじゃ。じゃから、無理の無い計画を余裕を持って組める。」

Aさん:「なるほど!確かにすぐに取りかからなかった時は蓄積した作業でほぼ将来の時間が埋まってました。」

いかがでしょう?

作業が蓄積していない状態は思わぬ副産物を与えてくれるようですね。

しかし、意外にも意識してない人は多いようです。

ここで気付きたいポイントとしては
・蓄積した作業が無いと将来の時間に余白が多く生まれる
・将来の余白が多いと計画をキツキツに組まずとも余裕を持った計画を立てやすい
・計画に無理が無いため達成率が向上する

当然のように実践している方にとっては余りに当然のことだと思います。

一方で、実践していない方、実践していても意識していなかった方はその副産物をよーく確認してみて下さい。

もし、自分の立てる計画が達成率低い状態であれば一度日頃の作業が蓄積する体質になっていないか確認してみてはいかがでしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

渋谷駅にて副都心線から銀座線に乗り換える機会がありました。

副都心線は地下3階、銀座線は地上3階。

エスカレーターを使いながら歩いたとは言え相当な運動量になりました(笑)

乗り換えだけで5分以上かかったので知らない人が初めて乗り換えるときは

おったまげてしまいそうですね?!

エスカレーターより早く、エレベーターより待たない移動手段が生まれたら

莫大な恩恵が生まれそうですね。発明されないかな~?!(笑)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
タグ:コツ ヒント
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】すぐに取りかからないと起こる悩みの大きさ#0045:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0045

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

すぐに取りかからないと起こる悩みの大きさ。

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

すぐに取りかからないと作業が蓄積してしまうとのことでした。

蓄積した作業がある状態で何か新しいことをしようとしても、どの作業から実施すべきか毎回×2悩まなければならないため大きな負荷になりますね。

何かを選択するだけの悩みが何故これほどまでに負荷が高くなるのでしょうか?

こんな話があります。

Aさん:「ところで、蓄積した作業の中で何に取りかかるかを悩むのは何故大変なんだろう?」

Bさん:「何かいっぱいありすぎると何を考えていいのかわからなくなってしまうんですよね。」

Aさん:「ふむ、Bさんはコミュニケーションパスって聞いたことある?」

Bさん:「え?それって情報処理の教科書の中で何か聞いたことあるような・・・?」

Aさん:「確かに情報処理技術の中にも登場するね。これが大変な正体を解明してくれるよ。」

Bさん:「何か(n×(n-1)÷2)みたいな式があったのを覚えてます・・・(恐)」

Aさん:「はは(笑)式だとイメージしにくいから言葉で説明してみよう。
コミュニケーションを取る2人がいるときそこには1通りのやりとりしかない。
でも3人になると、仮にaさん、bさん、cさんとしよう。この場合、a-b, b-c, c-aという3通りのやりとりが生まれる。

Bさん:「はい。わかります。」

Aさん:「これが4人になると・・・a-b, b-c, c-d, d-a, a-c, b-dと6つのやりとりが発生する。5人だと10通り。6人だと15通り。7人だと・・・。」

Bさん:「要は増えれば増えるほど、考えないといけないやりとりの数が増えるってことですね。」

Aさん:「そう。まさに肝はそこ。作業が蓄積すると新しい作業が発生した時に優先順位を悩む必要がある。
その比較をする必要があるので、6つの作業があると、15通りも優先順位の優劣を悩むことになる。」

Bさん:「そっかー、だから作業が蓄積すればするほど気が重くなっていたのか・・・。」

Aさん:「もやもやの正体も具体的な数字にして見てみると嫌なイメージがより具体的に湧くよね?(笑)」

Bさん:「はい。。。もう少しでも作業を蓄積しないようにしないと精神衛生上よろしくないと思いました(苦笑)」

いかがでしょう?

コミュニケーションパスという言葉はネットで検索するとすぐに説明が出てきます。

もし、詳細に興味がある方は調べてみて下さい。

ここで気付きたいポイントとしては
・作業が蓄積すればするほど優先順位を考えないといけない組み合わせが増える
・考えないといけない組み合わせが膨大だと無意識に気が重くなる
・膨大な数は乗数倍で増えてく(一気に増えていく)

5個作業が蓄積している状態から1個作業が増えるだけで10通り→15通りと、5通りも考える対象が増えてしまいます。

間違えても、1個増えようが、2個増えようが大して変わらないとは思わない方が懸命なようです。

すぐに取りかからず蓄積すると起こる悩みの大きさを知っておくことが、すぐに取りかかる何よりの心構えではないでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。
 
先日焼肉屋さんで個人的には珍しい品を食べました。

タン塩ならぬ、ハツ塩。

ハツと思いきや、そうではなくとても美味しかったです。

何よりカルビよりも安いという価格設定。

ハツはそこまで好きではないのですが、このハツ塩は美味しいと感じました。

もし、ご存じ無い方でハツ塩に巡り会うチャンスがあれば是非試してみて下さい。

個人的にはイチオシです(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】すぐに取りかかることの莫大な恩恵#0044:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0044

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

すぐに取りかかることの莫大な恩恵。

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

人から頼まれごとをしたり、何か予定が決めるときにすぐに行動する人とそうでない人がいます。

すぐ行動する人とそうでない人ではどのような差が生まれるのでしょうか?

こんな話があります。

Aさん:「ふぅ。また仕事を頼まれちゃったよ。。。これは後でいっか。とか思ってるんだろ?」

Bさん:「ぎくっ!!なんで先輩わたしの心がわかるんですか?・・・まさかストーカー??」

Aさん:「違うわい。Bさんはいつも仕事を後回しにする癖があるからね(笑)ただ、今すぐに片付けることは本当に無理だから後回しにしているの?」

Bさん:「え?いやー、今は気がのらないというか・・・そゆモードじゃないんですよ(笑)」

Aさん:「そっか、とは言え即座に片付ける人とそうでない人は莫大な恩恵と莫大な損をするくらい差があるんだぜ。」

Bさん:「そうなんですか?今片付くか、ちょいと遅く片付くか程度じゃないんですか?」

Aさん:「甘い!後回しにすると、当然作業が貯まるだろ?そうなった時に何が起こると思う?」

Bさん:「え?作業がたくさん貯まって嫌だなぁ・・・ですか?実際、嫌ですし・・・。」

Aさん:「まぁ、そうなんだがもう一歩踏み込んで考えてみて!本当に重要だからさ。」

Bさん:「うーん、作業が貯まって、その時にまた作業を後回しにしたらどんどん作業が貯まってしまうとか??」

Aさん:「惜しい。実は作業が増えれば増えるほど、何をするにしても迷わなくてはいけなくなってしまうんだ。作業が5個貯まっているとするだろ?すると、新しく何かを取りかかるときに5個の中からどれを最初に取り組むべきか常に迷う。」

Bさん:「あぁ!!思い当たります。スゴく迷うんですよね。10個作業が貯まってるともう最悪。1個片付けた後に次は9個の中からどれを取り組むべきか迷うんですよ。もう数が増えれば増えるほど大変。迷ってる時間の方が多いんじゃないとか思うし。」

Aさん:「そうなんだよ。この"迷い"は即取りかかれば生じること無いのに後回しにすると必ずついてくる。しかも、後回しにした作業が増えれば増えるほど、どれを対応するか迷いが大きくなる。それこそ、多数の中から1つを選択することって非常に難しいんだ。」

Bさん:「その複数の中から1つを選択する迷いと毎回毎回付き合っていかないといけなくなるってことですね。何かその苦労を考えたら即行動した方が楽かも・・・って思えてきました(汗)」

いかがでしょう?

即行動することの重要性は単に作業が終わる速度の問題でないことがわかると思います。

ここで気付きたいポイントとしては
・作業を後回しにすると作業が蓄積される
・蓄積された中から今すべき1つの作業を判断するのは大変な作業
・蓄積された作業が増えれば増えるほど複数の中から1つを選択することが難しくなる

何気なく即行動する人は知ってか知らぬかわかりませんが、将来の作業負荷を軽減していることにつながります。

常に身軽でいることが悩むストレスから解放され、いざという時のスピードを出せる準備にもなるのです。

一方で作業を蓄積してしまうと本来不要な迷いにまとわりつかれ、ストレスが溜まり、いざという時にも速度が出ない状態になってしまうようです。

どうしても無理な理由が無い場合は常に即行動に取りかかる癖を付けておくと莫大な恩恵を得られると思いますが、いかがでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

ネット全盛の時代ですが、1つ気になることとして閲覧してるページが

いつ時点に書かれた内容かわからない記事が多い。ということがあります。

企業の公式ページだったり、親切なサイトは日付が記載されているのですが

そうでないページがとても多いと思いました。

情報は"なまもの"と言われているように鮮度があります。

去年までは正しいと思われていた情報も今年ひっくり返された等の現象を

最近はよく見かけます(例.卵はコレステロールを貯めない、水素水は健康とは無関係等)

そのため、日付が読み取れないページは閲覧時点で情報が正しいか否かの判断が

できないため、鵜呑みにしてはいけないと気を付けている今日この頃です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】責任の生まれるところ#0043:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0043

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

責任の生まれるところ。

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

こんな話があります。

Aさん:「なんだよアイツ・・・いつも本当に無責任だなぁ!!」

Bさん:「あれ?Aくんいつになく荒れているねぇ(笑)」

Aさん:「いや、後輩のCくんいるだろ?あいついつも本当に無責任なんだよ。今回も頼んでいたことやってないし。前回だって、頼んだことと違うことやってるし。わかってないよ!」

Bさん:「あちゃー、Cくん見事にAくんの怒り買ってしまったな(笑)」

Aさん:「いやいや、Bちゃん笑い事じゃないよ。こっちはあいつのこと見込んで頼んでるのに無責任にも程があるよ。」

Bさん:「そっかー。。。さっきから無責任って連呼しているけど、責任無責任って何だろうね?」

Aさん:「へ?」

Bさん:「CくんはAくんからの頼みごとを望んでいたのかな?望んでたとしても、それを達成できるだけの経験あったのかな?」

Aさん:「なんだよ。Cくんの味方かよ。。。」

Bさん:「違うの。そういうのじゃないの。でも、責任って本人が生むわけではなく、周りが勝手に押し付けていることもあるのかな・・・って思うんだ。最近私も友達に無責任ってどやされちゃってね(笑)」

Aさん:「・・・。無責任って怒鳴られると頼んだのこっちじゃないしって思うこと俺も経験あるわ。」

Bさん:「案外、責任ってそれを都合よく利用したい人が産み出すこともあるのかもね。」

いかがでしょう?

責任は全うする側ではなく、全うすることを期待する側が産み出すってことはないでしょうか?

当然、そんなこと無い責任もたくさんありますが、周りが産み出す責任も確かに存在するでしょう。

ここで気付きたいポイントとしては
・対象になる責任は誰が産み出したものかを見極める価値がある
・そこで自分が産み出した責任だった場合はその責任が望まれたもの、達成可能なものだったか見極める価値がある

特に後者の場合、自分が勝手に産み出した責任を相手に押し付けている可能性があるわけです。

押し付けられた側からすれば無責任に押し付けてきたと思うかもしれません。

万が一、自分自身がひとりよがりで産み出す責任がある場合、それが本当に必要なものか否かは一度考えてみても良いのかもしれません。

責任を産み出すのは簡単ですが、それを達成するのは場合によっては極めて難しい場合もあります。

少なくとも同意無き責任を自己都合で振りかざしてしまうことだけは避けられるよう心がけたいところであります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

先週の父の日は、ケーキ屋さんが大繁盛していました。

その中で珍しい品物を発見です。

ウィスキーボンボンならぬ、焼酎ボンボン。

チョコレートの中に"森伊蔵"と"魔王"の芋焼酎が入ってるセットでした。

焼酎好きなお父さん方は驚く逸品ですね(笑)

ところで、過去に見た最悪のウィスキーボンボン兄弟シリーズは中国で見た白酒ボンボン。

もはやあれはお菓子の領域を通過して兵器でした(笑)

興味ある方は中国行く機会があったらお試し下さい!是非! 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

タグ:コツ ヒント
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】責任の大きさとお金の関係#0042:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0042

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

責任の大きさとお金の関係。

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

責任の大きさに比例して動くお金も大きくなると考えたことはありますか?

大きなお金が動く時には責任がどのように関係するのでしょうか?

こんな話があります。

Aさん:「結局は高給取りの人って扱ってる責任も大きい人なんだよなぁ・・・。」

Bさん:「それは感覚的に理解できるね。でも、責任の大きさって具体的には何だろう?」

Aさん:「それは・・・そうだな。。。具体的と言われると・・・。そもそも責任って何だ?」

Bさん:「国語辞典には"立場上当然負わなければならない任務や義務"ってあるぞ。」

Aさん:「うーん、意味はわかるんだけど、いまいちしっくりこないな。」

Bさん:「だよな。他には" 自分のした事の結果について責めを負うこと。特に、失敗や損失による責めを負うこと"ってのもあるぞ。」

Aさん:「ふむ、それだと何かわかる。事故の責任を取るとか、責任転嫁とかあるもんな。でもいまいち俺らの言葉じゃないよな(笑)」

Bさん:「だな。逆にお金の観点から見てみるか!高級取りで思い浮かぶのは?」

Aさん:「プロ野球選手!後は・・・弁護士とか医者??ちと古い?それに勢いある会社の経営者だったり、芸能人もあるか。他には・・・芸術家とかもありそう!!」

Bさん:「そうだよな、その辺は手堅く感じるわ。その人たちに共通する項目って何かあるかな?」

Aさん:「え?ジャンルも違えば、お金の出所も違うぜ。敢えて言えばプロ意識?・・・って誰もが人々の期待を背負ってないか??」

Bさん:「確かに!野球選手や芸能人はエンターテイメント性にでの期待を、弁護士や医者は社会的保証だったり、健康面での期待を、勢いある企業の経営者とかはトレンドだったり、大きな需要の期待を、芸術家は趣向や文化に対する期待を背負ってる気がするわ。」

Aさん:「なるほど。多くの人からの期待、あるいは特定の人からの強い期待を背負い、それに応えるということは責任を負うってことと同じ意味なのかもしれないな。」

Bさん:「うん、厳密かどうかはさておき、俺らには少なくともしっくりくる感覚だわ。」

いかがでしょう?

人によっては別の解釈もあると思います。一方で、誰かに期待されているということは一方的であれ同意のもとであれ、それに応える義務があることが多いようです。

ここで気付きたいポイントとしては
・責任が大きいと動くお金も大きい
・責任の大きさは期待の大きさと言い換えることもできる
・期待が大きかったり強いほど動くお金も大きい

実にシンプルではないでしょうか?

もし、自分の回りで動くお金が小さいと感じたとき、自分が携わっていることにどれだけの人が関わって期待しているかを確認してみて下さい。

仮に、その期待が小さかったら期待を大きくすれば動くお金も大きくなります。

一方で、期待が大きいのに動くお金が小さかったら本来はもっと大きなお金が動いても良いはずです。

商売で言えば値上げに踏み切るチャンスと捉えても良いのではないでしょうか?

もし、お金を稼ぎたい時は「どうしたらお金を稼げるか?」ではなく、「どうしたらもっと多くの人に期待してもらえるか?」、「どうしたら人々がもっと強く期待してくれるか?」という視点で考えると本質に踏み込めるのではないでしょうか?

責任とお金の裏には人々の期待有り!ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

世界的にBlogの運営はWordPressを利用するユーザが増えてるようです。

それで一番煽りを受けているのがHP製作会社のようです。

一昔前は1サイト立ち上げるのに100万円近く見積もりを出していたのに

ユーザがWordPressを選択した場合は数万円、場合によっては無料と

いう見積もりになるようです。

昨今AIの発展が目覚ましいですが、上記のような現象がデジタルの

世界だけでなく、リアルの世界にも侵食してくることに今のうちから

備えておくことに損は無いと思われます。

ポイントは"自分は何がしたいのか?!"でしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】責任の大きさと責任感の関係#0041:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0041

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

責任の大きさと責任感の関係

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

人が集まると必ず責任感の強い人と弱い人に出会います。

ところで、この責任感の強弱は責任の大きさと関係あるのでしょうか?

こんな話があります。

Aさん:「ところで、責任感の強さって責任の大きさと関係あると思う?」

Bさん:「それは責任が大きいことには責任感が強いことが求められるか?ってこと?」

Aさん:「そうそう。俺は今まで責任の大きいことって責任感が強い人じゃないと務まらないって勝手に思っていたんだよね。」

Bさん:「え?そうなんじゃないの?責任感が低い俺としては責任の大きいことなんて務まらないぜ!(断言!!)」

Aさん:「それが違うんだよ。責任感と従事する作業って別物なの。だって、無責任な政治家が抱えている作業が都市の命運を左右することだったりするだろ?一方で、些細なことでも真剣に取り組む責任感が超強いやつだってクラスに一人はいるだろ。」

Bさん:「そうだな・・・言われてみりゃそっか。」

Aさん:「だから俺気付いちゃったんだよね。下手に気構えず、責任感の大きいことでも取り組んでみたらいいんじゃないかって。」

Bさん:「一理ある。ってAくん責任感の大きいことに取り組みたいの?」

Aさん:「そりゃ・・・責任感の大きなことは何よりお金になる!!」

Bさん:「・・・(苦笑)責任感ねぇなぁ・・・(笑)でも案外そゆ人が大きなことを成し遂げるのかもな(笑)」

いかがでしょう?

責任感が強くないと責任が大きな事柄は務まらないと考えている方は意外に多いものです。

その考えが自分へのブレーキにもなり、多くの挑戦の機会を逃しているのも確かなようです(しかも、残念なことに日本人に限って顕著にそのような傾向があると思いませんか?)

ここで気付きたいポイントとしては
・責任の大小は責任感とは無関係である
・責任感をブレーキに作業の選別をする必要はない

例えば、責任感が無くても実力があれば責任の大きなことでも楽勝で達成できるでしょう。

また、実力がなくても実力ある仲間を集めて上手くことが運べば同じく楽勝で達成できる可能性が高いです。

要は責任の大きな事柄を達成するためには責任感よりも重要な要素が幾つもあるようです。

そこを、責任感の弱さを理由に避けてしまうと本来達成できたかもしれないチャンスを逃すことにもなってしまいますね。

自分に責任感があろうがなかろうが、物事を達成する方法は幾多もあることを肝に命じておきたいものですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

携帯電話のプラン変更をしていてふと思ったのですが・・・

データ定額とか、XXGBまで無料とかありつつ、一方で通信コストが

パケット単位で0.08円/パケットみたいな記述の混在が気になりました。

技術的な背景があるのはわかりますし、計算すれば変換は可能なのですが

消費者の気持ちとしては統一して欲しいですよね。。。

とりあえず、自分は

1000文字≒15パケット≒1円≒2000B≒2KB。

と覚えてます(もう細かなことは無視です(笑))

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】責任の大きさと答えの関係#0040:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0040

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

責任の大きさと答えの関係

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

責任には大きな責任から小さな責任と幅広く存在します。

大きな責任で言えば国を動かしたり、組織を動かしたり。小さな責任で言えば近所へのお使いだったり、宿題だったり。

責任の大小は何で決まるのでしょうか?

こんな話があります。

Aさん:「週末バイトで散々こき使われたわ~。もうヘロヘロだよ。。。しかも日給高くないし(泣)」

Bさん:「ま、バイトだしな~(笑)って何のバイトしたの?」

Aさん:「うん、何か撮影のアシスタント。それこそ、事前準備から撮影直前まで休みなく動いてさ。んで、準備出来たらカメラマンの師匠がシャッターをポチって押して、そこからはまた休みなく片付け。」

Bさん:「うわ、95%くらいAくんの働きじゃん(笑)」

Aさん:「でしょー!それなのに、給料は5000円だよ。きっと師匠には何万円って入ってるぜ。」

Bさん:「その違いってどこから来るんだろうね?」

Aさん:「だよなー。俺も納得いかなかったから考えたんだよね。」

Bさん:「結論に辿り着いた?」

Aさん:「いや、実は辿り着いたよ。どんなに準備を一生懸命しても、俺がシャッターを押せとなったら出来ないわ。だって、良い写真が撮れるかどうかわからないもん。そこまで責任持てないよね。」

Bさん:「ふむふむ。つまり、時間ではなく責任の大小が給料につながってるってこと?」

Aさん:「そう。まさにそう。俺がやった作業は最初から答えがあるんだよね。だから責任も小さいわけ。でも師匠の作業ってのは答えが無いんだわ。どう撮れば良いか何て師匠にしかわからないし。それを俺がやろうとしたら責任大きすぎちゃうわけよ。」

Bさん:「はっはーん。うまいこと言うねぇ。責任が小さいってのは既に決まりきった手順、つまり答えがある作業ってわけね。なるほどねぇ・・・。」

いかがでしょう?

責任の大小を答えの有無の観点で考えてみたことはあるでしょうか?

考えたことがある人にとっては当然のことでも、考えたことが無い人にとっては目新しく感じるようです。

ここで気付きたいポイントとしては
・責任の大小を決める要因は時間では無いことが多い
・責任の大小で報酬が決まることが多い
・責任の大小は答えの有無で決まることが多い

「多い」と使ったのは全てが該当するわけではないからです(答えが決まってる作業でも例えば危険な作業は責任が大きかったりしますね)

とは言え、周囲を見渡してみると地位の高い立場にいる人は時間よりも責任の大きさに比例する傾向がありませんか?

そして、責任の大きさは具体的に何をすれば良いのかといった答えが無いと思いませんか?

会社の経営、プロのスポーツ選手、音楽家の作品、etcetcetc...

これらに従事している人は教科書通りに過ごしているわけではありませんね。

自分達の経験に基づき、学んできた内容と照らし合わせてその時、その時に最適な方法を自ら決断して選択しています。

もちろん、その責任は自己責任でという信念を抱きながらといったところでしょうか?!

自分が抱えている責任の大小を答えの有無という視点で見つめ直してみると、どちらかに片寄っている場合が多いようです。

さて、皆さんはどちらの傾向がありましたか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

よく水を1日に2リットルは飲みなさいという記事を目にします。

身体のデトックスに効果的で、水でないと効果がないと謳ってる記事が多いですね。

実はこれ西洋医学の観点からの意見のようです。

一方、東洋医学では水の飲み過ぎは身体に良くないようです。

水を飲めば飲むほど腎臓の濾過機能が働き負担がかかるからとのことです。

さてさて、どちらが本当なのでしょうか?

この手の話でやりがちなのは信じたい方を信じること。

しかし、こういった考え方も有効では無いでしょうか?

その通りにした時に悪い結果になる方はどちらだろうか?

そして、そちらの選択肢は避ける。

要はメリットがある方を選択するより、デメリットがある方を選択しないということですね。

この考え方だと迷ったらどちらでも良いということですし、迷わない時はスッキリ決断できますよね。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】アンラッキーと自業自得#0039:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0039

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

アンラッキーと自業自得

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

アンラッキーは偶然でしょうか?必然でしょうか?

それを回避する方法はあるのでしょうか?

こんな話があります。

Aさん:「Bちゃんって結構貧乏くじ引くよね~(笑)見た目はラッキーキャラに見えるのに!」

Bさん:「ぐさっ・・・そうなのよ。私っていつもアンラッキーなのよねぇ。」

Aさん:「まるで狙ってるかのようなアンラッキーだよね。」

Bさん:「宿題やってない時に指されるし、勉強したのにテストに出ないし、練習してたくさん努力したのに選抜練習の時にミスするし・・・お財布落とすし、蜂に刺されるし、スマホは壊れるし・・・。」

Aさん:「・・・き、気まずいってば(汗)」

Bさん:「でもね、私の場合はこれらアンラッキーは自業自得なことが多いのよ。」

Aさん:「え?どゆこと??アンラッキーに自業自得とかあるの?」

Bさん:「自分が気を付けていれば回避できたことは多いの。それに、アンラッキーな点ばかりが強調されるんだけど、結局は自分の不注意や努力不足が招いた結果なのよ。」

Aさん:「そうなのかなぁ?」

Bさん:「宿題やってない時に指されるのは結局は宿題やってないわけだし、勉強したのにテストに出ないのはそもそも勉強する前の計画不足なわけだし、練習して努力したのにミスしちゃうのはメンタルの訓練を怠っていたわけだし、お財布落とすのは完全に不注意。蜂に刺されるのは巣がある付近ではしゃいじゃった不注意。スマホは扱いが元々雑だった私の不注意・・・。」

Aさん:「・・・。」

Bさん:「ね?!(笑)」

いかがでしょう?

アンラッキーとは言え、自分の不注意が招いた結果なら回避することもできそうですね。

ここで気付きたいポイントとしては
・アンラッキーにも自業自得なアンラッキーがある。
・自業自得なアンラッキーは自身の注意で回避できる場合が多い。
・起きているアンラッキーがどちらの特性のアンラッキーかを考えてみる

アンラッキーという言葉で済ますことは簡単ですね。

しかし、そのアンラッキーはもしかしたら自分自身の注意不足・努力不足が招いていることはないでしょうか?

全てのアンラッキーを回避することはできませんが、自業自得に起因するアンラッキーは意識して回避できそうです。

アンラッキーがきっかけで自分自身の改善点を発見できれば、それはそれで儲けものではないでしょうか?

自分がアンラッキーだと思っている方は、そのアンラッキーが自業自得かどうか確認してみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

中国では雨が降らない日が続くと空に向かって銀イオンを撒き散らすミサイルを打ち込むようです。

これで雨が降るかどうかはわかりませんが、空気中に巻かれたイオンに水滴が付き雨が降ると考えられているようです。

もし、その威力が本当に効果的なら水不足の恐れがある年にはダムの周辺で銀イオンを巻き散らせば解消するかもしれません。

今は笑い半分で語っていますが、近い将来本当に実現するかもしれませんね?!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】アンラッキーを楽しんでみる#0038:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0038

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

アンラッキーを楽しんでみる。

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

ついてないなぁ・・・誰もが一度はこのような想いをした経験をお持ちではないでしょうか?

アンラッキー=望ましくないことが発生した時に使われる言葉ですが、そのアンラッキーに

対してどう向き合えば嫌な気持ちを軽減できるでしょうか?

こんな話があります。

Aさん:「はぁ、俺ってついてないなぁ。まさか、母ちゃんに隠していた過去のテスト見つかるとは・・・凹」

Bさん:「ぷぷぷ。Aくんは相変わらず凹むねぇ~。アンラッキーマンAくん(笑)」

Aさん:「だって、こっぴどく叱られたんだぜ。そもそも叱られたくないから隠してたのに・・・沈」

Bさん:「まぁさ、ここは見方を変えてみようよ!自分のことを他人事だと思って見てみなよ。」

Aさん:「なんだよ、それ(苦笑)」

Bさん:「まぁまぁ。いいから×2。俺が母ちゃんに隠してた答案用紙見つかって怒られたらどう思う?」

Aさん:「・・・まぁ、同情はするけど自爆だよな(笑)笑ってなぐさめてやるよ♪」

Bさん:「だろ?他人事だと全く凹む要素無いんだよな。なのに、それが自分だと凹む。それを端から見ると面白くないか?」

Aさん:「まぁ、言われてみればそうなんだよな。俺と同じ境地にいる奴を見ると同情はするけど、滑稽だったりするんだよな。」

Bさん:「アンラッキーって自分の主観だよな。他人から見たら面白いんだったらそれはラッキーだべ?」

Aさん:「それは言い過ぎだけど、アンラッキーは確かに捉え方次第だな。アンラッキーと思った瞬間一歩引いて自分を俯瞰的に見ることができれば少しは不快な思いしなくて済むかなぁ・・・」

Bさん:「ま、繰り返せば成せばなるでしょ♪」

いかがでしょう?

アンラッキーな出来事でも捉え方次第では楽しめる部分が少なからずありそうです。

ここで気付きたいポイントとしては
・自分と同じアンラッキーな出来事が出てきたときにどう思うかを考える
・自分自身だと不快な出来事でも他人だとそうは感じてないことを意識する
・この考え方を繰り返してみる

するとどうでしょう?大抵のアンラッキーは笑って流せる場合が多いことに気付きます。

当然、アンラッキーを目の当たりにしたら一時的に感情的になると思いますが、そこは一呼吸置いて上記ポイントを思い出してみて下さい。

アンラッキーな出来事は必ず訪れます。

その出来事に対して前向きに捉えることができるのであれば、それだけで人生のアドバンテージになると思いませんか?

アンラッキーな出来事を他人事のように捉え笑って流す。実は人生の極意の1つかもしれません?!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

お酒を飲むと眠くなるようになりました。

この現象って何なんでしょう?

血流は良くなっているのに眠い・・・ポカポカして眠くなるあれに似た現象が体内で起きているのでしょうか?

それにしても、重要なお客様と飲んでるときに眠くなるのは勘弁して欲しいですね。

眠さ回避チケットなるものがあれば購入してしまいそうです(笑) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。