So-net無料ブログ作成

【本日のヒント】自分だけが知っている価値の大きさ#0109:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0109

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

自分だけが知っている価値の大きさ

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

もしかしたら誰もまだ知らないのではないか?そう思ったことはありますか?

そんな時あなたならどうするでしょうか?その価値を誰かに伝えますか?

こんな話があります。

Aさん:「(どうしよう・・・ビッグニュースを偶然聞いてしまって早くも一週間経過してしまった。きっとまだ誰も知らないはずだが、どうしよう・・・扱いようによってはかなりの価値だな。)」

Bさん:「おぉ、Aくん!実はビッグニュースがあってさ。」

Aさん:「え?どんな??(まさかあれのことじゃないよな・・・!?)」

Bさん:「実はここだけの話、C部長が異例の大出世で次の人事で役員に大抜擢されるらしい!既存の予想を覆す動きだから派閥争いも激化するだろうな。」

Aさん:「(がーん・・・既にBくんが知ったと言うことは皆に広まるのも時間の問題・・・)ま・ぢ・か・・・。」

Bさん:「だろ、すげーよな。今のうちにC部長と仲良くなっておこっと♪あ、この情報提供は貸しな!」

Aさん:「え?ちょい、待ってよ。貸しって・・・。」

Bさん:「そりゃそうだろ?公式発表前にこんなビッグな情報を提供してあげたんだからさ♪」

Aさん:「(まぢかよ・・・俺なんて一週間前から知ってたのに!!)」

いかがでしょう?

ここで気付きたいポイントは
・自分だけが知ってる価値ある情報は自分の中だけの価値
・価値は公開して始めて世間的な価値になる
・価値の公開は早いもの勝ち

自分だけが偶然知ってしまった情報に遭遇することが時にあると思います。

それがどれだけ素晴らしい価値であっても、その価値は世に出さないと価値になりません。

また、自分が公開する前に公開されてしまえば、一気に自分と価値は疎遠になってしまいます。

情報をジョーカー的に保有しておくことも良いですが、その価値が消滅するタイミングには十分考慮しておきたいものです。

情報を制する者は社会を制す・・・ではありませんが、情報を上手く活用していきたいものですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。
 
恒例となった会社からのマラソン帰宅。

既に3回を終え、タイムも縮まっているかと思いきや、

なんと2回目より悪くなっていました。

迷子にもなっていないし、調子も悪くないのに何故?

と考察したところ、信号と踏み切りに延べ5分ほどの

時間を多く消費していました。

帰宅する時間帯によって信号や踏み切りの通過OK時間

が変わるため、単純に時間だけの比較だと誤差が出て

しまうと気付いた今日この頃でした(笑)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
タグ:コツ ヒント
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】時間の捻出とながら作業#0108:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0108

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

時間の捻出とながら作業

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

時間が無い無い言う人がいる一方、凄く多忙なのに上手に時間を捻出する人もいます。

一体この差はどうやって生まれるのでしょうか?

こんな話があります。

Aさん:「師匠は一体いつ寝ているのでしょうか?とても毎日24時間で収まる作業とは思えない作業を消化してらっしゃるののが不思議でなりません!」

Bさん:「ほっほっほ。そうかのぅ。時間は無理矢理産み出すものじゃからのぅ。」

Aさん:「私は時間を作るとしたら何かを後回しにすることくらいしか実践できていません。」

Bさん:「時間の作り方は人それぞれじゃからのぅ。Aはながら作業は不得意かね?」

Aさん:「はい。自分は不器用なのでながら作業はやらないようにしています。」

Bさん:「そうか。例えば、トイレに入りながら携帯のメールやSNSのチェックをする、通勤しながら今日の予定を考える、風呂に入りながら肩のマッサージをする・・・こんな作業も十分にながら作業と言えるぞぃ。」

Aさん:「・・・確かにそうですね。私はすべて別々でやっていました。でもそれなら出来そうですね。」

Bさん:「うむ。ながら作業は時間を効率的に使う一つの方法であるが、難しいのが何を組み合わせるかなのじゃな。重要でないかつ軽い作業と言うのはながら作業に向くのじゃ。特に毎日の習慣になっている作業があれば、それと組み合わせると確実に毎日実践されるのぅ。」

Aさん:「そうですね!自分が日常どのような作業をしているかすら把握していませんでしたが、是非挑戦してみようと思います。」

Bさん:「大切なのは常にながら作業にした方が良いかもしれないという疑いを持ちながら過ごすことかもしれんのぅ。」

いかがでしょう?

ここで気付きたいポイントは
・ながら作業は時間の節約になることが多い
・ながら作業に向く種類の作業とそうでないものがある
・日常的にながら作業に出来ないか気にしながら過ごすと発見しやすい

出来る人を観察しているとよくまぁそこまでメリハリもって動いているな・・・と感心することがあります。

それこそ、2つ3つ同時に出来るものは同時に消化し、一方で重要な作業は1つに絞って集中的に対応して大変メリハリある動きをしていることが多いようです。

時間の捻出方法は幾つもありますが、ながら作業は比較的簡単に導入できる方法でもあるので、まだ実践してない方は挑戦してみるのもありかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

WEBニュースで目にしたのですが、日本は世界でも有数の祝日が多い

国のようです。アメリカや中国と比較して2割ほど多いらしいのです。

日本だけで過ごしているとそんな実感はなかったのですが、以前に海外

で過ごしていたときは確かに日本の祝日の多さが目立ちました。

それでも、自国にいると実感が湧かないのは日本の平日が急がし過ぎる

からなのでしょうか?

政府が月末の金曜日は15時強制退社を義務とする法案を検討中との

ことですが、上手に満喫できるWLBを実現できる社会に変えていき

たいですね。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
タグ:コツ ヒント
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】常識の住む場所を考える#0107:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0107

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

常識の住む場所を考える

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

こんな話があります。

Aさん:「Bちゃん書類ってキッチリと角揃えて提出する派?」

Bさん:「え?そりゃそうよ。Aくんは揃えないの?」

Aさん:「うん、実はうちの会社ではほとんど紙を扱わないから余り揃えるって意識がなくって・・・。」

Bさん:「そっかぁ、うちの会社は古い体質だし日常的に書類をたくさん扱うからなぁ。」

Aさん:「それで先日、客先に提出した資料が角が不揃いで大目玉を食らったんだ(苦笑)」

Bさん:「うん、うちの会社でも同じく無礼な対応ねって指摘しちゃうかもだわ。」

Aさん:「同じ株式会社なのに事業内容によって文化が大きく変わり、そこに根付く常識も様々なんだね。」

Bさん:「そうね。私もAくんの会社にとっては常識なことを気付かず無礼しちゃうかもだわ。」

Aさん:「常識の住む場所は文化にありってことかぁ・・・。」

Bさん:「そうね。企業に限らず学校だって、国と国だって同じね。考えさせられたわ。」

いかがでしょう?

ここで気付きたいポイントは
・ある場所で通例のこともある場所では通例ではない。
・ある場所で実施されている作業に基づき文化が生まれる
・文化の中に常識が生まれる

自分が生活している範囲は言うなれば自分の文化と言えるかもしれません。

そのため、自分の文化から自分の常識が生まれますが、自分から生まれた常識がどこまで通じるかは要確認です。

特に、自分が知らない文化には必ず自分の中には存在しない常識が住んでいるようです。

そのため、何か新たな文化に触れる機会があれば自分の常識がどこまで通じるかは注意深く追う必要がありそうですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

本日ひさしぶりに都庁に行く用事がありました。

都民でありながら都庁に行く機会がそう無いため、

中を少しみましたが、実は意外と多くの情報等が

提供されているのですね。

中小企業向けの支援情報であったり、育児や介護

に関する情報であったり、各種イベントや観光の

情報であったりと盛りだくさんでした。

外国人向けの日本の各都道府県の観光情報が提示

されている一角があったのですが、下手な観光用

雑誌よりも豊富な情報量でした。 

今後は2020年に向けて外国人に向けてさらに

観光情報が強化されていくようですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
タグ:コツ ヒント
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】言葉の定義を合わせてみる#0106:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0106

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

言葉の定義を合わせてみる。

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

誰しもが人に一度は誤解されたことがあるのではないでしょうか?

あるいは自分が誤解した立場であるかもしれません。

こんな話があります。

Aさん:「いやー、昨日は久々に妻に叱られてしまったよ(苦笑)」

Bさん:「それはただ事じゃないな(笑)いったいどうしたんだい?」

Aさん:「食後の片付けを頼まれたから合点承知とばかりに張り切って、鮮やかに終わらせたら後から既に食洗済の皿が片付いていないとか、布巾も洗ってないとか、シンクの掃除も甘いとか・・・とほほ。」

Bさん:「あちゃー、頑張ったのに逆に誉められずだったんだな。」

Aさん:「だね~。まぁ、日頃の妻の凄さを改めて知る良い機会になったよ!」

Bさん:「はは。」

Aさん:「食後の片付けと言えば食器洗いさえしてしまえば99%オッケーだと思ってたからね。でも、実はそれに付随する他の作業がたくさんあるんだな。食後の片付けと言う言葉の定義を見直したよ(笑)」

Bさん:「だな。多くの誤解って案外お互いが使ってる言葉の定義がずれているだけなのかもな。」

Aさん:「うん。その定義のずれから喧嘩になったり、幻滅したり・・・。」

Bさん:「家庭に限らず職場や学校でも同じだな。」

Aさん:「この年になって、言葉の定義の重みを再認識だな(笑)」

Bさん:「あぁ(笑)」

いかがでしょう?

ここで気付きたいポイントは
・双方が使っている共通の言葉でも解釈に違いがある場合がある
・言葉の定義が違っていると誤解の原因となる
・誤解を解消せぬまま物事が進むと喧嘩や争いの原因となる

家庭でも学校でも職場でも何気なく使っている言葉でも人によって意味を大きく異なって捉えていたりします。

特に自分が周囲と大きく意味を異なってとらえている場合は要注意です。

使っている言葉の解釈の違いだけで大きな軋轢の原因になることもあるため、普段から言葉の定義には気を付けたいものです。

また、慣れ親しんだ間柄の関係ほど言葉の説明を省略してしまいがちですが、そこを手間と思わず争いが起こるくらいであれば一度確認しあっているのも良いのではないでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

クーラー病という症状があるようです。

夏にクーラーを浴びすぎたり、直接風を受ける位置に

いることが多かったり、寒すぎる設定でクーラーを

使っている人に起きる症状のようです。

頭痛、吐き気、倦怠感、虚脱感等、他にも風邪に似た

症状ながら風邪ではないのが特徴のようです。

何かボォーッとしたり、頭痛を感じる人がいたら一度

風邪ではなくクーラー病を疑ってみてはいかがでしょう?

なお、回避策はカーディガンやブランケット等羽織もの

を着たり、こまめに席をはずして身体を動かしてほぐす

といった血流を良くする行動が重要なようです。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
タグ:コツ ヒント
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】調べる習慣を癖にする#0105:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0105

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

調べる習慣を癖にする

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

場所だったり、建物だったり、食べ物だったり、名前が付いているものの意味を考えたことはあるでしょうか?

こんな話があります。

Aさん:「ほい、土産。いやー、ありきたりだけど・・・ちんすこうが一番だよな(笑)」

Bさん:「お、さんきゅ!これ好きなんだよ~。うまいよな♪」

Aさん:「ってか、変な名前だよな?ちんすこうって(笑)」

Bさん:「あれ?お前知らないの?ちんすこうって金楚糕って書いて、ちゃんと意味もあるんだぜ?!」

Aさん:「え?まぢで??雰囲気で付けた名前じゃないの?(汗)」

Bさん:「お前なぁ(笑)"金(ちん)"は黄金色に輝くで、"楚(す)"はほどけるような口どけで、"糕(こう)"は焼き菓子って意味なんだぜ。」

Aさん:「・・・すげーちゃんとした意味じゃないですか!!」

Bさん:「だからお前は昔から感覚人間って呼ばれるんだよ(笑)ちゃんと調べる癖をつけろ~。」

Aさん:「(しゅん・・・)はい。すみませんっした。。。」

いかがでしょう?

ここで気付きたいポイントは
・感覚的に変だと感じた場合には何か奥があると思ってみる
・奥があると思ったことは調べるという行動につなげる

ちんすこうは琉球王朝時代に王族や貴族でも祝儀や法事の時にしか口にできない貴重なお菓子のひとつだったようです。

そのため、黄金に輝く口どけのよい焼き菓子と言う豪華な意味の字が用いられた命名になったのでしょうか。

名は体を表すとは言いますが、印象だけだと想像しがたいことも、ちゃんと成り立ちを調べるとわかることも少なくありません。

その一手間を惜しまず調べてみると一歩深く理解できることも多いのではないでしょうか?!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。
 
最近は雨がよく降るせいか、部屋の湿度が90%という

日も少なくありません。

驚いたのが雑誌の表紙が湿気でぺろんと曲がってしまい

閉じなくなってしまいました(笑)

これだけの湿度だと相当の威力のようです。

雑誌ならまだしも食べ物も同様にこの湿度を浴びている

ので、腐らせないよう要注意です!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
タグ:コツ ヒント
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】自分のことは自分で決まる。#0104:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0104

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

自分のことは自分で決まる。

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

高齢になっても若い方や、逆に若くして若さが無い方もいますね。

そのような差はどこから来るのでしょうか?

こんな話があります。

Aさん:「久しぶりだな。5年ぶりくらいか!ってBくんそんな太ってたっけ??」

Bさん:「いやー、5年もすれば人は変わるってもんよ。」

Aさん:「意外だな。Bくんは昔からストイックだったし、落ちてく自分が大嫌いだったじゃん?」

Bさん:「まぁ、この5年の間に色んなことあったからなぁ(笑)ま、そゆ自分もありってことよ。でもAくんは相変わらずだねぇ。未だに運動とかしてるの?」

Aさん:「そりゃしてるさ。やっぱ、心も体も運動しないとなまっちゃうからね。」

Bさん:「いやー、若いね~。うん、いいよ。俺は真似できないけど(笑)」

Aさん:「そんなこと言うなよ。誰よりも自分に厳しかったのに、信じられないよ(笑)」

Bさん:「ま、なんつーか、興味の矛先が自分自身ではなくなっちゃったのかもな。結局、生活習慣も変わって、外見は太っちゃったけど、ちゃんとやることはやってるぜ。」

Aさん:「確かに!目は全く死んだ気配ないね!!」

いかがでしょう?

ここで気付きたいポイントは
・人は普段から考えている通りの自分になる
・ストイックを望めばストイックに。嫌だったことを気にしなくなれば気にならなく。
・自分がどうありたいかという気持ちが生活習慣を作る。

人は誰しもが自分の望む姿になるという話があります。

これは無意識下で、想い描いている自分が暗黙的な目標になるからのようです。

何かに迷った時にはその目標に照らし合わせて合理的な方の選択肢が自然と採用されるのですね。

今の自分を見たとき自分が望む人間になっているでしょうか?

もしなっていないと言う方は、望んでいながらもそれを変えたいと思うほどには望んでいない可能性があります。

一方、自分が望む人間であればより高く自分の理想を明確に描けば、自然と日々の選択が変わると思われます。

さて、自分自信をどんな人間にしたいでしょうか?!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。
 
昔から愛読している漫画の1つにドラゴンクエスト

ダイの大冒険と言うコミックがあります。

それこそ、20年以上前の代物です。

登場人物が魅力的な点も好きな理由の1つです。

中でもポップという少年は人間臭さが全開で、でも

旅を通じて心が成長していく様子が何とも好きです。

かなり古い漫画ですが、未だに最近の漫画と比べて

も遜色ない作品なので、興味あれば是非一読下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
タグ:コツ ヒント
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】結果を出すために頑張るか結果が出た後頑張るか#0103:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0103

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

結果を出すために頑張るか結果が出た後頑張るか

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

部活動にせよ、仕事にせよ、何かに向けて頑張るということは多くの方々が実践したことがあると思います。

一方で結果が出たから頑張るということもあると思います。

こんな話があります。

Aさん:「お?なんか浮かない顔しているね(笑)」

Bさん:「メタボ・・・今回の検診は絶対メタボ診断されてしまう。せめて、最後の悪あがきをするしかない!!」

Aさん:「はは。Bさん最近無駄な肉ついてきたもんな。でもさ、それって意味あるの?」

Bさん:「だって、メタボって診断されたくないじゃん。」

Aさん:「いやぁ。わかるんだけど、健康診断って良い結果を取るために頑張るもんじゃないでしょ?」

Bさん:「ま、まぁな。」

Aさん:「むしろ、結果を受けて自分の生活をどう見直すかを頑張るのはダメかい?」

Bさん:「そりゃ正論ではあるけどさ・・・でもメタボって診断もされたくないし(泣)」

いかがでしょう?

ここで気付きたいポイントは
・結果を出すために頑張るものと結果が出てから頑張るものがある
・それを履き違えると本末転倒なことをやりかねない

少なくない数の方が健康診断が近づくにつれ、お酒の量を減らしたりダイエットに励んだりするようです。

当然、それが一時的な結果であるとわかっていながらそのような行動を取ってしまうようです。

一方で、その結果が本当に悪い結果が出た人ほど生活習慣を改善する傾向にあるようです。

出来れば日常生活を改善して良い習慣で行動したいものですが、それが出来ない方は攻めてありのままの状態でことに望むということも1つの選択しではないでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

まさかの・・・いや、ある程度想像していましたが、

案の定の筋肉痛でした(職場から自宅マラソン後)。

久しぶりのジョギングだったためある程度の筋肉痛

は覚悟していましたが、まさかここまで痛いとは(笑)

階段を降りるのが非常に辛いです!

でも、不思議と筋肉痛であることは嬉しかったりも

します(笑)ちゃんと動いた証拠ですからね?! 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
タグ:コツ ヒント
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】不安と上手に付き合うには。#0102:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0102

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

不安と上手に付き合うには。

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

未知の部分があると不安を感じやすいとのことでしたが、

その不安と上手に付き合っていく方法はあるのでしょうか?

こんな話があります。

Aさん:「不安は未知な部分があると感じやすいってのはわかったし、未知な部分を無くせば不安は軽減するってのもしっくりきた。でも、そもそも不安って無くすことできないもんかな?」

Bさん:「それは難しいんじゃない?人によって感じる強度は強いけど、弱い人は・・・精神修行するとか?(笑)」

Aさん:「えぇ!でもさ、Bちゃんもそうだけど、Cくんとかも不安を感じる素振りをみたことないよ?」

Bさん:「Cくんはどうか知らないけど私は不安は感じるけどね。ただ、自分がどういうタイミングで不安を感じるかをちゃんと考えたことはあるよ。」

Aさん:「???」

Bさん:「自分がどういうことに不安を感じやすくて、どういった時に不安が強くなって、何をすれば不安が軽減するか等を把握しているの。」

Aさん:「つまり、自分の不安は何でも知ってるってこと?」

Bさん:「極端に言えばそうね。自分にとって不安がどう訪れ、付き合っていくのが良いかを把握しているからこそ、いざ不安を感じた時に落ち着いていられるってところかなぁ・・・。」

Aさん:「そうか、なるほど。不安は必ず起きるからどう付き合っていけばいいかをあらかじめ把握しているってことか。」

Bさん:「そう。不安と上手に付き合うには自分が不安に対してどうなのかを細かく知るといいんじゃない?」

Aさん:「自分の不安博士になれってことね。確かに不安との付き合い方を事前に整理できていれば、いざ不安を感じた時にも焦らずに済むよなぁ・・・。」

Bさん:「でしょ!」

いかがでしょう?

ここで気付きたいポイントは
・不安を全く無くすことは難しい
・自分の不安の特徴を把握することは可能
・自分の不安の特徴を理解しておけば不安発生時も冷静でいられる

訪れる不安の扱い方を事前にわかっていれば、不安が起きたときにもパニックにはなりませんね。

それだけで、不安に対する心持ちが変わるのではないでしょうか?

不安を嫌だ嫌だと思っているだけでは毎回同じ感覚が過ぎ去るのを待つだけですが、不安発生時に

どうするかを決めておけば対策となります。

そのために自分の不安を熟知しておくと良いようですが、いかがでしょうか?!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

先日、職場からジョギングで帰宅してみようと思い立ち、

運動着、靴持参で出勤し予定通り決行してみました。

距離は約10キロなので、小一時間で着くかと思いきや、

20分遅れでの到着。

はい。見事に道に迷いました(笑)

しかも、開始3分・・・最初の一歩で道を間違える始末。

いやー、ちゃんと地図を見たのですが実際の道になると

勘違いするものですね(笑) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
タグ:コツ ヒント
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】不安を克服するには#0101:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0101

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

不安を克服するには。

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

学校にいても、組織にいても、社会にいても不安は付き物である方が多いと思います。

不安と出会った時に不安とどう向き合うべきでしょうか?

こんな話があります。

Aさん:「はぁ・・・。来月の発表どうしよう・・・。」

Bさん:「うわ、何そのどんより感?こっちまで暗くなる・・・(笑)」

Aさん:「いや、来月学会の発表があって、共同研究者が体調崩したから代わりに俺が発表しろって指令が・・・。」

Bさん:「げげげ。大役お疲れさまです!」

Aさん:「いや、笑い事じゃないから。大役も何も俺部分的にしか研究に関わってなかったからわからないし(泣)」

Bさん:「ふーん。Aくんって今まで不安を抱えた経験は?」

Aさん:「え?何言ってるの?ってかあまり無いけど・・・。」

Bさん:「だよね。不安慣れしてない感じがした(笑)」

Aさん:「不安慣れ?」

Bさん:「不安慣れしてる人ってそこが入り口なんだよね。不安が一種の気付きというか。不安慣れしていると、不安を感じたらやることが明確になるのだよ。」

Aさん:「え?よくわからないけど・・・?」

Bさん:「不安の原因って大抵の場合、問題の本質を見失っていることが多いんだよね。つまり、何が問題かわかるように1つずつ不安の要素を調べていくと不安って徐々に課題に変わっていくんだよね~」

Aさん:「そうなの?」

Bさん:「そうだよ。だって何をすべきかがわかっていれば不安なんて感じないんだから。Aくんは何をすべきかすら見えてないから不安を感じてるんでしょ?」

Aさん:「言われてみればそんな気がしてきた・・・。」

いかがでしょう?

ここで気付きたいポイントは
・不安の正体は未知なる恐怖であることが多い
・未知なる恐怖は大抵の場合、調べたり、具体化することで既知の問題になる
・問題が見えてくれば不安は無くなっていることが多い

誰しもが万能なわけではないので、大小差はあれ必ず不安は感じるタイミングがあると思います。

問題は不安の正体を考えずに不安として抱え続けてしまうことではないでしょうか?

不安の正体は大抵は未知の部分に対して抱くため、動いて動いて動いて、その未知なる部分を減らしていけば自ずと不安も消えることが多いようです。

それが自分自身に対する理解不足なのか、学問的な問題なのか、他人に対する情報不足なのか、集団における知識不足なのか・・・。

学校にせよ、組織にせよ、社会にせよ、何か不安を感じた場合は自分が何をわかっていないのかを考えることから始めてみることはいかがでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

やはりぶり返してきました水不足問題。

どうしても、ダム周辺での降水量が少ないことが

原因なのでしょうか?

世の中の雨男・雨女と言われる方々が結集して、

ダム周辺に集まって雨乞いイベントを開催すれば

水不足が一気に解消する・・・そんな神通力全開

の試みは無いものでしょうか?(笑) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
タグ:コツ ヒント
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【本日のヒント】継続していたものが折れそうになった時には?#0100:100%の自分を引き出すヒント [本日のヒント]

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
100%の自分を引き出すヒント

#0100

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本日のヒント】

継続していたものが折れそうになった時には?

この言葉に何か思い当たりませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ヒントのヒント】

何かを初めて続いていたのにひょうんなことでその継続が折れそうになった経験はありますか?

そのような時はどう乗り越えているでしょうか?

こんな話があります。

Aさん:「Bくん今年が終われば10年連続皆勤賞じゃん?!」

Bさん:「うん!大学4年までの16年連続皆勤賞を目指すよ~♪」

Aさん:「なんかさ、ダルいとか体調悪いとかで休みたくなった時ってないの?」

Bさん:「あるある!やっぱ、いくら継続しているからってひょんな時に心が折れそうな時はあるよ~。」

Aさん:「そゆ時ってどうやって自分を奮い立たせるの?」

Bさん:「いやー、難しいよね。少なくともそう思った時は既に誘惑に飲み込まれかけているからね(笑)」

Aさん:「だよな。よくまぁ、乗り越えたもんだ(感心!」

Bさん:「実は過去の自分に助けてもらってるよ(笑)もう何度救われたかな~・・・。」

Aさん:「え?過去の自分??どゆこと?」

Bさん:「うん、俺も最初は皆勤賞狙っていたわけではないんだ。でも、気付いたらある程度スゴいってことに気付いて、それから皆勤賞を継続する気持ちになったんだ。」

Aさん:「ふむふむ。」

Bさん:「で、そゆ気持ちになった動機を紙に書いて常に持っておくことにしたんだよ。」

Aさん:「なるほど。初心忘れるべからずだね!」

Bさん:「そう。俺はたいした取り柄も無いから目立った成績は残せないけど、だからこそ誰もが達成できないくらい単純なことを続けてやろう。そして、それを評価してもらえるべく頑張ろうって。」

Aさん:「そうかぁ、その時の熱い気持ちが折れそうになった時に誘惑を振り払い、再び頑張ろうって気持ちにしてくれるんだね。」

いかがでしょう?

ここで気付きたいポイントは
・継続する途中の誘惑は必ず起こるものと見なしておく
・継続が止める誘惑が発生した時に再び頑張る動機を見つけることが継続の鍵
・そもそもの継続するきっかけとなった動機は常に今の自分の味方をしてくれる

何かを継続するコツは人によって幾つも色々な方法があるようです。

しかし、中でもとりわけ皆に共通して力になってくれるのは継続しようと思った動機であることが多いようです。

何故続けようと思ったのか、何故それを始めたのか、何故諦めずに続いているのか、タイミングはそれぞれですが、

継続に関連する想いは常に味方をしてくるのではないでしょうか?

まさに過去の自分が今の自分を後押ししてくれると言ったところでしょうか?!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【編集後記】
いつもありがとうございます。
たいらんとです。

10日前に3ヶ月継続達成をご報告致しましたが、

本日は100回到着のご報告です。

3ヶ月達成から10日しか経過してないのですが

やはり100回という具体的な数値の節目を迎え

ることができ嬉しく思います。

自分は内容を記載する時に妄想の中で妄想の人物

に向けたメッセージを送る感覚で記述しています。

しかし、それも具体的な読者の方がいてこその事

だと思います。

次は300回達成を目標に頑張ります!・・・と

その前に半年達成が来てしまいそうです(笑)

何だかんだでちょこちょこ達成ポイントはあると

今気づきました(笑)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100%の自分を引き出すヒント】

●メールマガジン登録・解除ページ
http://www.mag2.com/m/0001673417.html
タグ:コツ ヒント
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。